自分のために楽しむことから遠いところに来てしまった貴方へ

自分のために描いたり、書いたりすることに

 

ただ 自分のために生きることに

 

何が必要なのか

 

 

 

勝ち負けにこだわらないこと

誰かを気にしないこと

 

出来ていたら疲れてなんていないね

でも出来なくて当然なんだ

だって気づいたら競争社会に

生きていたんだから

 

負けてもよかった子供の頃…

 

 

負けてもいいなんて

発想そのものが無かった

あの頃に戻ること

 

過去には戻れない 

 

だけど 自分を生きることはできる

あの頃 楽しかったのは自分を生きていたからだ

 

自分を生きていたからだ

 

 ★

 

 

 

 

 

ていうことはだよ?

 

今、楽しさを選ぶという

可能性はあるんだよ ふつうに

 

 

でも楽しくなれない

だって 疲れてるし

 

 

じゃあどうする?

 

今を生きてみる

今を無視しないでみる

 

 

えっ? どういうこと

 

今苦しいよね?

負の感情を味わっているから苦しいよね?

 

苦しいのは負の感情を味わうことを

否定している

から苦しいんです 実は

 

自己否定って入れ子になっているから

ちょっと日記に書くだけで

理解してもらうのはむずかしいかな 

 

 

えっ…?(;´・ω・)

 

 

 

嬉しいとか楽しいはそもそも

意識せずとも楽に味わえるんだよ

良いとか 悪いとかの

 

善悪判断 が乗ってないから

 

 

 

あ…!ああ~…アゥ? (;´・Д・)

 

 

えとね。

つらい悲しい苦しいとかの

負の感情が乗ってくる出来事あるよね

他人が絡んでる場合も含めて

 

その全てに

良い 悪い の善悪判断が

無かったとしたらどうだろう?

 

 

そんなん無理…

ていうか意味わからん…(;;;@_@;;;)

 

 

うん…。

 

 

 

じゃあじゃあ

良い 悪いの善悪判断《 judgement 》

 

おまえのせいでこーなった裁判を

他人に向かってしているから

あなた自身がしんどくなってるとしたら?

 

自分はなんてアババなんだ裁判を

延々と出来るのは外側にある何か誰かと

比較してるからだよね?

 

 

まあそれはもうやっちゃってるから

しゃあないとして

 

その感情の乗った

やっちゃった物語【体験】

を 中和してみるといい

 

 

どうやって中和するか

言葉…ロジックで中和する

 1セットでね。

 

 

私は反応してくれる人がいないと描けない

私は反応してくれる人がいなくても描ける

 

 

私は反応してくれる人がいないと存在価値がない

私は誰も反応してくれなくても充分、価値がある

  

 

解体的説明をするよ。

 

私は

反応してくれる人がいるから活動できる【感情の乗った体験】

 

私は

反応してくれる人がいないと活動していても意味がない【感情の乗った体験】

 

という 思い込み(信念・条件付け) を持っているので

 

中合わせのロジック(中和) 

自分を何の理由もなく愛せない

自分を何の理由もなく愛せる

 

ていうことなんだよね。 

 

とりあえずはね、

これ口に出して唱えてほしいんだ。

 

 

 

私は

何の理由もなく自分を愛せない自分を

 

認め・許します

 

この、認め・許します。のロジックで

中和された域にいる癖をつけてね。